和太鼓奏者 TAKERU〜猛〜(タケル) 公式ウェブサイト ---株式会社日本太鼓---

ヨーソローとは

ヨーソロー1000人プロジェクト

ヨーソローとは

東日本大震災の時、TAKERUにより「演奏で元気を届けたい」という思いを作曲した復興応援曲である。
ヨーソローには「皆で力を合わせて演奏し、前に、未来へ進んでいこう」との意味が込められている。
イメージは大海に出る船。
4つのパートに分かれながら演奏する姿は船乗りの役目を担っている。

現在までに自身の主宰する「TAKERUの会」だけではなく
ちば和太鼓フェスタを通じ、県内外の団体と共に演奏している。

2016年にヨーソロー1000人プロジェクトを立ち上げ
2020年までに千葉県内にて1000人の打ち手による
ヨーソローの揃い打ちを目指す。

2016年3月6日にはプレイベントとして
幕張新都心イオンモール前の公園「豊砂公園」にて
震災復興イベント内にて協力団体を募り、太鼓の演奏及び
ヨーソローの揃い打ちを披露した。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional